念仏小僧 犬太郎

色不異空 空不異色 色即是空 空即是色

秋元家

1890年頃に建築された北前船廻船問屋。
現在、伏木北前船資料館になっている。
北前船の寄港を監視する望楼が建っているのが特徴。
北前船廻船業は江戸時代後期から明治時代中期にかけて繁栄したが、
その後は産業構造の変化にともなって急激に衰退して行った。

平面図。

全体。

望楼。

正面。

裏側。

左:衣装蔵、右:米蔵

衣装蔵と望楼。

調度蔵。

入口。

にわと玄関。

奥店と店。

店の間と表座敷。

表座敷。

表座敷の欄間と天井。

表座敷の縁側。

中座敷。

茶室。

茶室から水屋。

座敷。

座敷。

座敷の縁側。

北側の庭園。

奥座敷。

奥座敷の縁側。

次の間。

東の庭園。

奥居間と居間。

仏間の鞘の間。

仏間。

仏間と茶の間の間の板戸。

奥店の間。

奥店の間と奥店との間の襖。

井戸。

台所へ行く廊下。

台所。

便所の前のガラス戸。

土蔵へ行く廊下。

米蔵

調度蔵。

一階。

二階。

調度蔵と衣装蔵の間に置いてあった北前船の錨。

衣装蔵。

一階。

二階。

望楼への登り口。

二階部屋。

望楼への階段。

階段の天井。

望楼。

望楼の天井。

望楼から下りる階段。